<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

月の破片

鬼束ちひろ嬢がアルバムと同時に発売した、初のエッセイ『月の破片』を買いました。

まだ最後まで読み終わってはないのですが、最近話題になってる路線変更の真実とか(笑)、パニック障害や不眠症のこと、家族のこと、昔、B'z(稲葉派w)のファンだったこと(しかもデビューしてからご本人たちとお会いしたこと!)などなど、自分の言葉で赤裸々に語られています。

私は今も昔も変わらず、彼女の歌が好きなので、昨今話題になっている「鬼束ちひろがド派手に!!昔のイメージはどこへ!?(泣)」ということには、多少違和感は覚えてもあまり気にしないのですが、その辺のこととか、暴力事件のこととかも、これを読めば納得☆という感じ。

ただ、言葉を飾らないから少し物言いがストレート。自分が思うままに生きるのはいいと思うけど、読んでいて彼女の言葉に一喜一憂してしまうのも事実。良くも悪くも、鬼束嬢らしいなーと思う1冊。
2011.04.21 Thursday 23:48 | comments(0) | - | 

剣と楓

楽しみにしていた鬼束ちひろ嬢の1年半ぶりのアルバム「剣と楓」
タイトルからは想像できないようなカントリーテイスト?なんか映画のサントラみたいな曲が多い。

まだ聞き込んでないけど、英語の曲が多いのよね。土屋アンナちゃんと同じで、鬼束嬢ってそんなに発音良くなくて「なんとなく英語っぽく聞こえる」って感じだから聞き取りづらいのよね。まだ歌詞カードをちゃんと見れてないので、歌詞の意味が曲と一緒に頭に入ってこないです。

鬼束嬢本人がインタビューで「聴き手の人たちの好きだという曲がバラバラだと思います。そして言い合いになり、ケンカがはじまってしまうアルバムです。」と言っている通り、好みが分かれそう。私もアルバムの中で好きな曲とそうでない曲が極端にあるし。

アルバムの構成とか深く考えずに、本能に赴くまま作った曲が散りばめられてる感じ。
2011.04.21 Thursday 18:26 | comments(0) | - | 

青い鳥

アルバムとエッセイばかりに気が向いていて、すーっかり忘れていたシングル「青い鳥」の発売日。

iTunesでDL購入したけど、これアルバムにも入ってたのね。ま、いっか。ちなみにカップリングのほうは視聴で聴いて、ちょっとイマイチなので購入せず;

まだそんなに聴き込んでないからか、淡々とした曲だなー…というのが印象。声にドスが利いてると言うのか…

聴きこめば味が出てくるかな?「陽炎」も最初はちょっと…って思ってたけど、ヘビロテしてるうちになんかものすごくハマってしまったし。


2011.04.06 Wednesday 13:07 | comments(0) | - | 

鬼束嬢の出現情報

鬼束嬢のメルマガで判明した、新曲・アルバム・エッセイの発売☆

鬼束ちひろは株式会社フォーライフミュージックエンタテイメントに移籍、

待望の約1年7ヶ月ぶりのシングルは、
生々しさと美的な世界観をあわせ持つ、
鬼束ちひろの新たな1ページを飾る名曲。

2011年04月06日18枚目のシングル『青い鳥』
2011年04月20日06枚目のアルバム『剣と楓』

鬼束ちひろ はじめての本。
自伝的エッセイ『月の破片』。

愛する家族、全存在を懸けた歌、不眠症との闘い、
そして通り過ぎた恋……。「鬼束ちひろ」として
重ねてきた30年の記憶を今、一冊に閉じ込める。

2011年04月20日発売
月の破片

新曲はもちろん楽しみだけど、気になっているのはエッセイ。。
でもまだこれらの詳しい情報は少ないので、とりあえず今日発売のpapyrusの特集記事を立ち読み。

ロングインタビュー…というか、今度発売するエッセイの一部?と思うほど自分の言葉で書かれているので、すごく彼女の心情が伝わりやすいというか、内容はそこそこシュールなのに何だか笑えてしまう。。NYでの恐怖体験(笑)なんて、立ち読みしてるのに吹き出しそうになってニヤニヤ笑いが止まらなかったわ!

有名人がエッセイ本を出すと、下手っくそな文章で読む気も失せるようなヘボイものになることがあるのでちょっと心配していたのですが、鬼束嬢はアーティストだしね、文章書くのすごく上手…というか、読みやすい文で自分の想いを伝えられる人なんだと思う。

何はともあれ、エッセイの発売も楽しみになったどー☆
 
 
2011.02.28 Monday 22:17 | comments(0) | - | 

"ONE OF PILLARS" 〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜

鬼束嬢のベストアルバム『"ONE OF PILLARS" 〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜』が発売になったのですが、、デビュー10年とは言え、ベストアルバムはやっぱ微妙だなー。。

未発表曲の「惑星の森」が収録されているのですが、まだiTunes Storeでは配信しないみたいなので、着うたフルでこの曲だけDLしました〜

なんか抑揚のないモヤ〜っとした曲なんですよねー。

最近、公式HPの情報も直接鬼束嬢と関係のない話題ばかりで、鬼束嬢の近況がわからないのがねー…。はぁ、、また実質活動休止状態かしら。。
2010.04.28 Wednesday 22:52 | comments(0) | - | 

DOROTHY

遅ればせながら鬼束嬢の最新アルバム「DOROTHY」を買いました。

聞いた方のレビューを見ると、どれもけっこう良い評価なんですよね…
今回のアルバム、私も好きです。鬼束嬢の本来の声量も力強い声も戻ってきてるような気がするし。

約半分がシングル曲だけどバラエティに富んだ仕上がりで、最初はちょっと抵抗のあったロックテイストな曲も聞けば聞くほど、しっくりくる感じ。
初期の頃の曲はどれも胸が締め付けられて狂おしいような感動を覚えるものが多かったけど、最近の曲は昔と同じように心を捕えるものの、どれも前向きで暖かい印象があるところが大きな違いだと思う。

地味でもいいから着実に音楽活動を続けていてくれると嬉しい。
2009.11.01 Sunday 15:25 | comments(2) | - | 

コンサート中止

あれだけ頑張ってチケットGETして、楽しみにしていた鬼束ちひろ嬢のコンサートツアーが全日程中止になったとの連絡が来ました。

ショックーー(ノ△T)

儚さはあるものの、あの復活コンサートを見て、今度こそこれから!という想いがあっただけにとてもショックです。

アーティストにとって、コンスタントに活動を続けていくことって、当たり前のようでとても難しいことだと思うのです。だからこそ今度こそ頑張ってもらいたいという気持ちが大きかった分、ショックも大きかったなぁ。

正直、体調が心配というより、失望感のほうが大きいかもしれないッス。
2008.09.27 Saturday 23:04 | comments(0) | - | 

蛍

映画『ラストゲーム 最後の早慶戦』の主題歌にもなっている、鬼束嬢のNEWシングル「蛍」を買いました。

映画に合っているかどうかは別として、どこかのレビューに「奇をてらわない王道のバラード」とあったのですが、まさにその通りだと感じる綺麗な曲でした。こういう淡々としながらも美しいバラードが彼女には良く似合う気がする。
2008.08.06 Wednesday 23:12 | comments(0) | - | 

CONCERT TOUR 2008 "VEGAS CODE"

来月に新曲「蛍」の発売を控えている鬼束ちひろ嬢ですが、先日、6年ぶり(!)となる全国ツアーが発表されましてvv

本日から先行予約が開始したので、早速申し込んだりしてみました☆
NHKホールってちょっと聞きづらい場所があるからあんまり好きじゃないんですけど、贅沢言ってられませんよ、コレは!(o^^o)

競争率はあんまり激しそうではないと予想しているので、先行で取れると嬉しい。ちなみに先行配信された「蛍」はダウンロード済です。

2008.07.01 Tuesday 19:22 | comments(0) | - | 

NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS



実に4年8ヶ月ぶりの単独コンサートとなる鬼束ちひろ嬢の一夜限りのプレミアムコンサート「NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」@渋谷Bunkamuraオーチャードホールに行って参りました。
(本日は出勤日でしたけど、「鬼束嬢のコンサート行くんで早退させてください」と上司に直訴し、早引けして渋谷にて友人S嬢と待ち合わせ。)

コンスタントな新曲発表で今後の活動も期待されている鬼束嬢ですが、やっぱり心配だったのは声。長いブランクもあったし、今回は以前のような迫力あるステージは無理かと思っていたのですが…ここはやはりプロのシンガー。

見事圧倒的なパフォーマンス力を発揮して、文字通り”完全復活☆”だったんじゃないかとvv

続きを読む >>
2008.04.26 Saturday 23:01 | comments(0) | - | 
 | 1 / 4 PAGES | >>